高山 正行

JST CRESTの研究課題「信頼される AI システムを実現するための因果探索基盤技術の確立と応用」において、特に科学技術・イノベーション政策研究における統計的因果探索技術の応用研究を行っています。 関連リンク res… 続きを読む 高山 正行

寺田 雅之

神戸大学大学院工学研究科修士課程修了、日本電信電話(株)を経て2003 年より(株)NTT ドコモ。博士(工学)。大規模データに基づく統計を「つくる」技術 (モバイル空間統計)、「つかう」技術 (AI 渋滞予知)、「まも… 続きを読む 寺田 雅之

小西 伶児

2016年に株式会社マクロミルに入社。マーケティング・リサーチの調査設計・分析に従事。2019年より滋賀大学大学院データサイエンス研究科に社会人学生として派遣。修士課程修了後、マクロミルにてデータ解析を担当。現在は株式会… 続きを読む 小西 伶児

小柴 等

データサイエンス・AIイノベーション研究推進センターでは、清水昌平先生が率いるCRESTプロジェクトの客員研究員として、博士課程進学に関する要因の統計的因果探索に取り組んでいます。特に、センターの有する先進的なデータサイ… 続きを読む 小柴 等

松原 悠

大学やライフライン企業で、主として防災の分野において研究や実務に携わってきました。研究においては、複雑な社会現象をうまくとらえるために量的・質的な様々な研究手法を駆使することや、得られた知見が当事者にとっての実際の課題解… 続きを読む 松原 悠

保科 架風

2017年3月 中央大学大学院理工学研究科数学専攻博士課程後期課程修了。博士(理学)。株式会社アイレップ、青山学院大学経営学部プロジェクト助教、滋賀大学データサイエンス教育研究センター助教を経て現職。専門はスパースモデリ… 続きを読む 保科 架風

周 暁康

IoT・AI時代において、スマートサービスを提供するためにデータ駆動モデルとビッグデータマイニングアルゴリズム開発の研究を行っている。特に、ユビキタス・エッジ・クラウドコンピューティング環境における様々な異種ビッグデータ… 続きを読む 周 暁康

トップページへ戻る